月ごとじゃないよ!クレジットカードの利用できる限度額の考え方 

クレジットカードの利用の限度額とは、そのカードで使える買い物やキャッシングできる金額の事をいいますが、よく間違えてしまうのが、限度額というと1ヶ月で使える金額だと思ってしまうことです。

僕がはじめてクレジットカードを持った当初は、限度額は月ごとに使える金額と思い込んでいました。
その当時は利用限度額を20万円にしていたのですが、ある月にまだ10万円も使っていないのに、利用制限がかかってしまったのです。
最初、不正利用でもされたのかと勘違いしてしまったほどその頃は無知でした。
その後いろいろ調べた結果、利用限度額とは月ごとに使える金額ではないというのがわかったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

利用限度額を例を挙げて考える

たとえば利用限度額を30万円に設定していたとします。
10月に10万円利用した場合、11月に使用できる金額は20万円になります。
10月使用した分の口座引き落としは、11月です。
11月の口座引き落としが完了すれば、その分の10万円は利用できる額に追加されますが、それまでは次の月になったからといって30万円また使えるというわけではありません。

つまり利用限度額とは、口座引き落としで支払いが終わっていない分を、足し算した金額になるというわけです。

キャッシングも利用限度額に含まれます

口座引き落としで支払いが終わっていない分を、足し算してみたけど、それでもまだ利用限度額に達するのはおかしいと思った方は、キャッシングの利用金額を入れていないのかもしれません。
実はクレジットの利用限度額はキャッシングした金額も含まれるのです。

まとめ

クレジットの利用限度額は、ほとんどのクレジットカードでは口座引き落としが1ヶ月後になるので、前の月いくらぐらい使ったかを考え、さらにキャッシングしていればその額も含める。
こうすれば、計算する事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする