【中学時代の友達が飲食で独立】 なんだろうこの敗北感

f:id:kenkouitiban1978365:20160516155508j:plain

中学時代の友達が4月から独立して、飲食店のオーナーシェフを始めた。

頑張ったな!と祝福する気持ちがある一方で、自分の現状と比べているのか、自分の不甲斐なさに落胆し、敗北感を感じています。

 

独立したからって成功するのが確実なわけではないし、別に今までその友達と競い合っていたわけでもないけど、

 

なんだろうこの敗北感・・・

 

入社した時の気持ち

僕はこの仕事とこの会社を、将来独立(個人事業主)する為の準備として選んだ。

だけど、入社して5年が経過し、その時の気持ちはほぼなくなってしまった。

そして、5年後独立計画はほぼ白紙なり、

今は居心地がいいという理由だけで今の仕事を続けている。

 

なんだろうこの敗北感・・・・

 

スティーブジョブズの鏡に向かって行う自問、朝のルーティーン。

 

『もし今日が自分の最後の日だとすれば、 今日しようと思っていることが、本当にしたいことだろうか?』

 

僕はもちろんNOだけど、抜け出す勇気はないようです。

 

 最後に友達がオープンしたお店の紹介

tamaburo.com

 食べログの評価が悲しいことになってたけど、これから頑張ってもらいたいところです。敗北感はありますが、応援はしています。

 Grati(グラート) 所在地

電話:0480-24-3618
住所:埼玉県久喜市中央1-4-43
営業時間:ランチ11:30-15:00(lo.14:00) 
ディナー17:00-23:00(lo.22:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)
オーナーシェフ:大塚慎也

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする