【OSP シャッドテール2.5インチの重さ】おすすめのリグや使い方 水中の動き

【OSP シャッドテール2.5インチの重さ】おすすめのリグや使い方 水中の動き
OSP シャッドテール2.5インチの重さと、おすすめのリグや使い方を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OSP シャッドテール2.8インチの重さ

【OSP シャッドテール2.5インチの重さ】おすすめのリグや使い方 水中の動き
OSP シャッドテール2.5インチの重さは、1.7g前後です。

【OSP シャッドテール2.5インチの重さ】おすすめのリグや使い方 水中の動き
適当に3個えらべ平均をだしたところ、1.74gでした。

どんなワームなの??

HPシャッドテール2.5inはただ巻きとシェイキングの両立を大前提にさまざまなリグに対応できる小型シャッドテール系ワームとして開発をスタート。このサイズのシャッドテールワームに不足しがちなパワフルな振動と水押しをスローからファーストまで、リトリーブスピードを問わず生み出せる。ノーシンカー(オフセットフック#2~#3)やジグヘッドリグにおけるただ巻きではヘッドまで揺らす力強いウォブリングアクションを発生。ダウンショットやネコリグでのシェイキングアクションではロッドワークに合わせてテールが力強く震えて水を押す。さらにキャロライナリグやスモラバのトレーラーにも対応。04シンクロの1.2gという最軽量クラスのウエイトでも、フリーフォールで確実にテールを振る。特筆すべきは2.2gのネイルシンカーを使ったネコリグだ。0.3g程度のシンカーを入れてスイミングもいいが、2.2gのシンカーで素早く落とす、リアクションネコリグというシークレット的な使い方もできる。High PerformanceとHigh Pitch。この頭文字をとってHPシャッドテールと名づけたのだがその名に恥じないハイパフォーマンスな性能を発揮。年々IQのレベルを上げていくクレバーなバスも、確実に食わせられる・・・

こんな感じのワームのようです。

おすすめのリグや使い方

個人的によく使用するのが、オフセットフック#3を使用して、スプリットショットリグにするやり方。
ボトム付近を探りながら、巻いて、とめてを繰り返してバイトを待ちます。

【OSP シャッドテール2.5インチの重さ】おすすめのリグや使い方 水中の動き
メーカーの方で考えている使い方は上のとおり。
ワームの先端に大き目のネイルシンカーが入れられるようなデザインになっているため、ネコリグも可能です。

メーカー推奨のオフセットフックは#2~#3です

水中の動き


動画は4.2インチのもの。
テール部分のフルフル動く動作がバスを誘いだしそうです。

その他の「ルアー・ワーム」の重さを調べたい場合は下のリンク先の一覧表で確認してください↓↓
LINK【バス釣り】ルアー・ワームの重さ(重量)と大きさ(サイズ)の一覧表
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする